卒業祝いのプレゼントに最適なおすすめの品物は?マナーや相場まで解説

投稿日:

卒業祝いはそれぞれのシーンに合わせて素敵なプレゼントを選びたいですよね。卒業祝いのマナーから金額の相場、おすすめの品物まで卒業祝いを選ぶ際に役に立つ情報をまとめました。また、それぞれの卒業祝いにあわせて選べる体験ギフトもご紹介します!

卒業祝いの基本

家族や親族が学校を卒業する時に、プレゼントをすることがあります。卒業祝いと言われるものです。お祝いの品を贈ったり、現金を渡したりします。卒業の時期は入学の時期と近いことから、2つのイベントをお祝いする意味で、まとめてひとつのプレゼントをすることもあるでしょう。その時の呼び方は「入学祝い」です。大学を卒業して、社会人になる場合は「就職祝い」と呼びます。また血縁関係がなくても、卒業に際してプレゼントを贈ることはあります。例えば学校の先輩が卒業するときです。このとき後輩は、卒業する先輩に対してプレゼントを贈ることもあります。

卒業祝いを渡すタイミングは?

卒業プレゼントを渡すタイミングは、いつがよいのでしょうか。学生同士の場合、卒業式が終了した直後が、良いタイミングだと言われています。卒業式の後であれば、卒業生にも時間的な余裕があることが多いからです。しかし学生でない場合、逆に渡しにくいかもしれません。その場合、卒業式の後、1週間以内に渡すように心がけてください。それ以上日にちが経ってしまうと、入学など新生活がスタートする時期に近くなってしまうからです。卒業式が区切りとなるので、プレゼントを贈る際には、式の数日前から1週間後までの間に行動すると間違いありません。

卒業祝いの相場は?

学校の後輩から卒業する先輩へプレゼントを贈る際には寄せ書きなどを用意することもありますが、親や親戚からのプレゼントはものであることが多いですよね。卒業祝いの金額の相場はどれくらいなのでしょうか?
卒業プレゼントを用意する際、金額の相場は立場によって異なります。卒業する人が小学生や中学生である場合は、1万円以内が相場です。高校卒業や大学卒業の場合は、1万円から2万円程度が相場となります。
また友人や知人の立場でプレゼントを贈る場合は、5,000円程度を目安にすると良いでしょう。
卒業と入学のお祝いをまとめる場合は、「金額も2倍になる」と考えても良いですが、一回分の金額で考えても差し支えありません。

卒業祝いのマナー

卒業する人にプレゼントを贈る際、最低限、守らなければならないマナーが存在します。現金を贈るケースと品物を贈るケースのそれぞれで、注意点は異なるのです。

現金を贈るときの包装のマナー

現金を贈る場合、赤白の飾り紐がついた祝儀袋にお金を入れてください。この飾り紐は水引(みずひき)と呼ばれます。水引には「赤白」「金銀」「黒白」といった種類があり、紐の結び方によっても意味が異なるので注意が必要です。卒業プレゼントを贈る際には、赤白の紐で蝶結びされた水引が適しています。
赤白の紐で蝶結びされたデザインは、慶事全般に使用される、一番オーソドックスな水引だと言えるでしょう。例えば同じ赤白だとしても、「結び切り」という硬く結ばれた形状の水引は、一度結んだら解けない意味が込められており、お見合いなどの際に使用します。卒業は、年齢ごとに数回するものなので、「結び切り」は適していません。
蝶結びであっても、紐の色が金銀の水引の場合、おはらいや神事に関するシーンで使います。また紐の色が白黒の場合は、慶事ではなく弔事のシーンで使用されるのです。

表書きのマナー

お金を入れた祝儀袋には、表書きをしてください。表書きとは、それが何に対するお金なのか、ひと目で分かるように明記することです。水引を境にして上段に「お祝い」や「祝卒業」、下段に自分の名前を書きます。卒業祝いの表書きの場合、濃い黒色の筆文字で、力強く書いてください。袋に直に書くこともあれば、短冊に書いて水引に差し込むスタイルもあります。

現金のマナー

入れるお金は、新札にするのがマナーです。銀行や郵便局を利用すると、新札がスムーズに手に入ります。窓口で新札がほしい旨を伝えてから、両替などを行ってください。

品物を贈るときの包装のマナー

お金ではなく品物を、卒業式プレゼントとして贈る場合にもマナーがあります。基本的には、品物自体にのし紙をかけてください。包装紙の外側に巻く「外のし」と内側に巻く「内のし」のどちらでもかまいません。しかし品物を配送する場合は、「内のし」を選択することが多いようです。祝儀袋と同様に、のし紙に「祝卒業」などの表書きをします。水引は、紅白紐の蝶結びがふさわしいです。商品を購入するショップに用途を伝えるなど、対処してください。

卒業祝いにおすすめの品物は?

卒業式のプレゼントは、どのようなものを選ぶべきでしょうか。誰もが喜ぶ品物には花束があります。現金を贈ることも喜ばれるものです。特に現金やカタログギフトは、プレゼントを受ける側が自由に決めることができるため、人気があります。また小学校、中学校、高校、大学と、卒業する学校の種類によって、おすすめの品物が異なる傾向があるので注意しましょう。

小学校卒業の場合

小学校を卒業する相手へのプレゼントは、筆記用具やスマートフォンなどがおすすめです。まず筆記用具は、小学校から中学校へ進学する際に、多くの人が買い換えるアイテム。少し大人っぽい雰囲気の筆記用具をセンスよく選んでプレゼントすれば、卒業する本人はもちろん、親からも喜ばれます。子供がスマートフォンを所持していない場合は、親から卒業プレゼントとして贈っても良いです。防犯の意味で小学生のうちから所持している子供も多いスマートフォンですが、中学生になるタイミングで持ちはじめても遅くありません。親以外の立場の人間がスマートフォンをプレゼントする場合、キチンと親の許可を取ることも忘れないでください。

中学校卒業の場合

中学校を卒業して高校に進学するときには、どのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。中学までの義務教育を終え、大きく飛躍する高校時代。この時期には、自分で生活を組み立てていく習慣を身につけることが重要です。時間をコントロールしてほしいという気持ちを込めて、時計を贈ることには意義があります。試験や勉強の時間管理はもちろん、ファッションアイテムとしても喜ばれるでしょう。勉強の他に、部活などで汗を流すことも多くなります。そのため時計には防水機能や防塵機能が備わっていると尚良いです。

高校卒業の場合

高校を卒業すれば、大学へ進学したり、就職したりします。そのため高校卒業のプレゼントには、社会へ一歩踏み出す時に役立つアイテムを選ぶと間違いがありません。例えば財布です。財布には「自分で買うより、人から贈られた方がお金持ちになれる」というジンクスがあります。そのためプレゼントに適したアイテムです。消耗品ではないので、贈る相手の趣味を考慮して、センスの良いデザインを選んでください。また洋服や装飾品など、大人のファッションアイテムをプレゼントしても喜ばれます。男性であればスーツ、女性であればアクセサリーなどです。ただしファッションセンスは個人差があるので、一緒に買い物に出かけてください。

大学卒業の場合

大学を卒業すると、社会人として本格的に活動が始まります。社会人であれば名刺入れや靴などの実用アイテムを贈ると無難です。一般的なアイテムであっても、ブランド品だったり、こだわりのある逸品だったりすると、喜ばれます。スマートフォンを所持していても、タブレットは持っていない人の場合、大学卒業のお祝いとしてプレゼントするとよいでしょう。仕事やプライベートを問わず、使い方を選べる点が好まれる理由です。タブレットは、スマートフォンと同様に使う人の好みや利用シーンによって、適する商品が異なります。できれば一緒に商品選びをするようにしてください。

体験ギフトを贈り物に!

上記で紹介したプレゼントの他に、変わり種として体験ギフトのプレゼントがあります。体験ギフトは、具体的な物やお金ではなく、「思い出」を贈るものです。例えばインドアでのモノづくりやアウトドアでのアクティビティがそれにあたります。観光地へ訪れたり、温泉へ旅行したり、ホテルでディナーを食べたりする体験をプレゼントするのです。
体験プレゼントを企画するときの注意点は、サプライズを意識しすぎて、相手のスケジュールを考慮せずにプランを立ててしまわないようにすることです。きちんと事前に打ち合わせするようにしましょう。

大人体験で非日常の体験をプレゼント!

卒業プレゼントとして最適な体験ギフトには、大人体験があります。卒業には、それまでの環境からステップアップするという意味が含まれるもの。そこで現状よりワンランク上の体験をプレゼントするのです。asoview!GIFTなら卒業祝いにぴったりな大人体験を贈ることができます。例えば高校や大学を卒業する人に対しては、あらゆる体験がつまったチケットからクルージングや船上パーティーの体験をプレゼントすると喜ばれます。普段は体験できない、非日常的な体験であるほど、価値があるのです。


体験ギフトを選ぶときには、小学校や中学校を卒業する子供であっても、あえて大人として扱うことがポイントとなります。それが非日常へとつながるからです。
例えば都会の小学校に通っていた子供に、地方の農家で桃狩り体験をプレゼントします。自然と触れ合う機会が少ない都会の子供は、貴重な体験だと喜んでくれるでしょう。
農業体験はお手軽に体験ができる「asoview!GIFT fun」で体験できます!

また子供の趣味を考慮した体験ギフトも人気があります。車の運転が好きな卒業生に対してカートレーシング体験をプレゼントしたり、動物好きな子供を動物カフェへ招待したり、登山に興味がある人にボルダリング教室の体験をさせたりできるのです。
日本人のルーツを勉強してもらう意味を込めて、和の文化を体験させる企画も人気があります。着物に着替えて人力車に乗ったり、東京の名所を観光したりするのです。
これらの体験は様々な体験がつまった「asoview!GIFT happiness」で体験できます!

このように体験ギフトを贈るときには、相手の趣味や環境を考えた上で、意外性のある企画をプロデュースすると効果的です。asoview!GIFTでは、豊富なラインナップの中から厳選した体験ギフトを選択することができます。普通の贈り物ではなく、少し変わったプレゼントをしたいという人は、ぜひ一度検討してはいかがでしょうか。

-未分類