出産祝いの相場とマナー!おすすめの品物やカタログギフトも一挙紹介

投稿日:

出産祝いのようなおめでたい場面で贈る品物は色々と気を付けるべきことがあって選ぶのが難しいですよね。ここでは出産祝いの際に気を付けるべき点や金額の相場などご説明します。また、出産祝いにおすすめの体験ギフトもご紹介します!

出産祝いの相場は?

出産祝いをする際には、現金を包む場合もありますし、品物を贈る場合もあります。また、現金にちょっとした品を添えて贈るのもよくあるケースです。いずれにしても、悩んでしまいがちなのが金額の問題です。現金を渡すにしろ、品物を贈るにしろ、安すぎると失礼にあたりますし、高すぎると相手に気を使わせてしまいます。相場がいくらなのかを知っておきたいところですが、その答えは一言ではいえません。なぜなら、出産祝いの相場は自分と相手の関係性によって変わってくるからです。そこで、出産祝いのケースをいくつかのパターンに分け、それぞれの相場について説明をしていきます。

親戚への出産祝い

たとえば、親戚の家に赤ちゃんが生まれた場合の金額相場は1~3万円です。ただし、これもあくまでも相場であって、具体的な金額は贈る側の年齢や社会的立場によっても変化します。仮に、贈る側がまだ10代だったり、大学や専門学校などに在学中だった場合には5000円くらいでも十分でしょう。一方、贈る相手が息子夫婦や娘夫婦などの場合は通常の親戚よりも親しい関係で、しかも、自分の方が目上の立場になるため、相場よりもさらに高い金額を包むケースもあります。その際には4万円や9万円といった金額は「死」や「苦」を連想させるので避けるのがマナーです。それから、親戚の場合は出産直後のお祝いだけでなく、相手へのサポートの意味を込めて産前産後に育児用品などを適時贈るケースもあります。

友人への出産祝い

次に、友人に出産祝いを贈る場合ですが、5000~1万円が相場となります。こちらも親戚と同様、その関係性の強さによって渡すべき金額は変化します。親友と呼べる間柄であれば、1万円以上渡すケースもありますし、あまり連絡をとっていない関係なら3000円程度の品物を贈るだけでもよいでしょう。

会社の同僚への出産祝い

会社の同僚に渡すのであれば、相場は3~5000円といったところです。これは相手が上司や部下であっても大体同じです。ただ、自分がそれなりの役職についていたり、特に可愛がってもらっている上司に渡したりする場合は1万円程度用意してもよいかもしれません。
あるいは、同じ部署の人間がお金を出し合って一括で出産祝いを贈るケースがありますが、その場合は1人当たり500~1000円程度というのが一般的です。このように、複数名でお金を出し合って同僚や友人に出産祝いを贈る場合のトータル金額の相場は1~3万円になります。ちなみに、昔は割り切れる数字は縁起が悪いということでお祝い金に2万円を贈るのは避けられてきました。しかし、現代では気にする人はあまりいなくなっています。もし、どうしても気になるようであれば、1万円札を1枚と5千円札を2枚用意し、お札の枚数を3枚にして贈るといった方法もあります。

以上の点を考慮し、自分の場合はどの程度の出産祝いを贈るのが妥当なのかを考えていきましょう。

出産祝いのマナー

出産祝いを贈る際には守るべきマナーが多々あります。それを知らずにマナー違反をしてしまうと、相手の不興を買うことにもなりかねません。そうはいっても、今まで出産祝いを贈った経験があまりないのでよく分からずに困っているという人もいるのではないでしょうか。いざという時に慌てずにすむように、出産祝いにおける基本マナーについて解説していきます。

出産祝いを贈るタイミング

まず、重要なのは出産祝いを贈るタイミングです。これは早ければ早いほどよいというものではありません。ちなみに、昔は出産から7日目のお七夜に出産祝いを持参するのが礼儀だとされていました。しかし、現代では母親の体調が戻りきっていないタイミングでのお祝いは避け、落ち着いた頃を見計らって祝う形になってきたのです。そうはいっても、あまり遅すぎるのも失礼にあたります。したがって、赤ちゃんが生まれてから1週間~1カ月を目安にし、タイミングを見計らって贈るのがよいでしょう。
ただ、遠方に住んでいるなどの理由から、1カ月を過ぎてから出産した事実を知ったという場合もあるかもしれません。そのようなケースでは事情を話し、「遅くなって申し訳ありません」といった謝罪の言葉を添えて贈ります。それでも、1年以上過ぎてから出産祝いを贈るのはいささか遅すぎるので、その時は「誕生祝い」と言葉を変えるようにしましょう。それから、相手が忌中の場合、お祝いの品を贈るのはマナー違反となります。その場合は、少なくとも四十九日が過ぎるのを待ち、相手が落ち着いたタイミングで贈るのがよいでしょう。

出産祝いの品物のマナー

次に、贈る品物の問題です。これは相場の範囲内であれば、なんでもよいというわけではありません。贈った相手に喜んでもらえる品物を選ぶのはもちろんですが、それ以前に、出産祝いにはふさわしくない品があるのです。たとえば、緑茶です。一見、問題ないようにも思えますが、弔事に用いられるため、祝い事の贈り物にはふさわしくないとされています。同じように、洗剤や石鹸も香典返しを連想させるので、避けた方が無難でしょう。他には、「苦死」を連想させるクシや「縁を切る」につながる刃物、あるいは手布と書いて「てぎれ」と読むことができるハンカチも出産祝いにはふさわしくありません。塩も「お清めの塩」を連想させるため、岩塩やハーブソルトといったプレゼント用のおしゃれな塩であっても出産祝いの品には不向きです。

のしのマナー

また、お祝いの品に添えるのし紙に名前を書く時にも注意が必要です。使用する筆記用具はボールペンや鉛筆ではなく、毛筆が基本となります。毛筆がなければ筆ペンでもかまいませんが、墨は必ず濃いものを使用するようにしましょう。薄墨は葬式や法事などの際に悲しみを表現するものなので、お祝い事にそれを使用すると受け取った相手に不快な思いをさせることになりかねません。濃い墨で「御祝」か「御出産御祝」と書き、その下に自分の名字を書くのが基本です。
とはいえ、家族が別々に贈るなどして贈り主が同じ名字ばかりになってしまうケースもあります。そういう場合は混乱を避けるために、フルネームで名前を書くのが一般的です。なお、連名で贈る場合は3名まで名前を記入することができます。右から順番に目上になるように書き、上下関係のない友人同士のような場合は五十音順で記入していきます。あとは文字の書き方も注意が必要です。崩し文字は避け、楷書で丁寧に書くのがマナーです。

こうしたポイントをしっかりと把握し、相手に失礼がないように気を付けていきましょう。

出産祝いにおすすめの品物は?

出産祝いをする機会はそう頻繁にあるものではありません。そのため、お歳暮や誕生日プレゼントなどと違って、贈り物の選択にはあれこれと悩んでしまいがちです。そのような時にヒントとなるよう、おすすめの品をいくつか挙げていきます。

ベビー用品

まず、出産祝いの定番といえるのがベビー用品です。その中でも、特に人気なのが、タオル、スタイ、おもちゃ、おむつケーキなどです。どうしても決められないという時は、そういったものの中から選択すれば大きな間違いはないでしょう。ただ、親によっては「子どもの肌に触れるものはオーガニック素材だけにしたい」という人もいるため、品物を贈る際には事前のリサーチが重要になってきます。

食品

また、意外におすすめなのが食品です。出産直後の女性の体は通常時に比べて弱っているため、体力回復につながる食品を贈れば喜んでもらえるというわけです。出産後しばらくは育児に追われますので、できれば、簡単に調理ができて胃に優しい食べ物がよいでしょう。一例を挙げると、フリーズドライ麺のにゅうめんやドライフルーツ、ジャムなどといったものがあります。他にも、野菜やフルーツのジュース、甘酒などのドリンク類を贈るのもよいでしょう。

カタログギフト

さらに、他の人とお祝いの品がかぶるのが心配な場合はカタログギフトがおすすめです。カタログギフトなら、受け取った側がカタログの中から好きなものを選べるので不要な品を贈ってがっかりさせてしまうということもありません。それに、何人かがお金を出し合って出産祝いを贈るといった場合にも便利です。しかし、カタログギフトとひとことでいっても、その種類はさまざまです。何にするか悩むところですが、代表的なところではAmazonのギフト券があります。スマホを使えば24時間いつでも注文ができ、ベビー用品や生活用品の品揃えも豊富である点が魅力です。赤ちゃんの世話などでなかなか外出ができないママにはぴったりの贈りものだといえるでしょう。それに、ギフト券の金額も数千~数万円まで段階に分かれているため、相場に合わせた選択ができるのもうれしいところです。
その他には、赤ちゃん向けのカタログギフトなども各社から販売されています。こういったものはアルバムタイプや絵本タイプになっているものが多いので、単に買い物に利用するだけでなく、見ているだけでもワクワクするという楽しさがあります。一方、ディズニーなどのキャラクターもののカタログギフトも女性に喜んでもらいやすいという意味ではおすすめです。ちなみに、カタログギフトはデパートや大手スーパーなどで購入することができます。

体験ギフト

ここまでは出産祝いにふさわしい品物を紹介してきましたが、中にはモノを贈るだけでは気持ちが伝わらないのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。そういう人にぴったりなのが体験ギフトです。体験ギフトとは品物ではなく、一生の思い出になるような体験をプレゼントするギフトです。しかも、ギフトの中にはさまざまなコースがあり、その中から体験してみたいものを自由に選ぶことができます。
たとえば、asoview!GIFTなら、様々なアクティビティが楽しめるチケットからパラグライダー、ラフティングなどといった具合に、普段なかなか味わえない体験をすることができます。


あるいは、じっくりと観光を楽しみたいという場合には本格的な体験がつまっているチケットから遊覧船観光、ホエールウォッチング、無人島ツアーなどがありますし、他にも、花魁体験、生け花教室、リムジンパーティー、いちご・ぶどう狩りなどなど、興味深い体験コースが盛りだくさんです。

印象に残る出産祝いをしたいという人は、体験ギフトのプレゼントを検討してみてはいかがでしょうか。

いずれにしても、重要なのは相手を祝福したいという気持ちです。この記事などを参考にしながら、心のこもった出産祝いを実現していきましょう。

-未分類