新居祝いのプレゼントのマナーや相場は?おすすめの品物を一挙紹介!

投稿日:

皆さんは新居祝いに何を贈りますか?素敵な贈り物をして新しい生活を応援したいですよね。そんな新居祝いに少し珍しい贈り物として体験ギフトはいかがでしょうか。体験ギフトなら相手に合わせて柔軟に対応できるため新居祝いなどのお祝いごとのプレゼントにぴったりです!

新居祝いの基本

友人や家族が新しい家で生活を始めたときには、新居祝いなどのお祝いを贈る人も多いでしょう。このようなときには、「何を贈ればよいのか」や「お祝いの予算はどのくらいにするべき」などが1つの問題になってきますよね。じつのところ、新居祝いも結婚式のご祝儀などと同様に立場によって多少予算が変わってきます。今回は、新居祝いで悩んでいる人のお悩みが解決するような情報をまとめてみました。

新居祝いを贈るタイミングは?

新居祝いを贈るときには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。例えば、「新居祝いの意味」や「新居祝いを贈るシーン」、「お返しの習慣があるのか」などは、これからギフトを選ぶ際にもぜひ知っておきたいポイントです。簡単に言えば、新居祝いは相手が新居に引っ越したときに贈るお祝いのこと。新居祝いは新築祝いとも似ていますが、新居祝いの場合は必ずしも家を新築したときだけに限定されているわけではありません。実際、相手が中古の一戸建てや中古のマンションで新生活を始めたときも、新居祝いという名目でギフトを贈ることがあります。どちらかと言えば、引っ越し祝いに近いのが新居祝いと言えるでしょう。
このような新居祝いを贈るシーンとしては、例えば、結婚したカップルが一戸建てやマンションを購入、または賃貸住宅を借りて新生活をスタートしたときなどが挙げられます。じつのところ、新婚のカップルの場合はすぐに家を購入しないケースも多々あります。結婚当初は賃貸マンションや社宅などで過ごし、ある程度貯金をしてから一戸建てやマンションを購入、といったパターンも少なくありませんよね。このようなカップルには、結婚して新生活を始めたときに新居祝いを贈ることがあるわけです。

新居祝いのマナー

新居祝いは、品物でのお返しは必ずしも必要ないと言われています。新築祝いの場合、一般的に新居に招いて食事などでおもてなしをすることがお返しと考えられているため、品物でお返しを用意するケースは少ないです。ただ、もらった品物が高額なときや、自宅に相手をなかなか招けないときにはちょっとした品物をお返しとして用意するケースもあります。新居祝いの場合も、ライフスタイルに合わせて臨機応変にお返しをしている人が多いようです。

新居祝いのルール

新居祝いではどのような品物を贈ればよいのでしょうか。新居祝いの贈り物には少し注意点があるのでしっかりと確認しておきましょう!

新居祝いのプレゼントの基本

新居祝いには、新居での新しい生活を祝福するようなギフトが選ばれています。花や観葉植物、タオルといった品物は、新居祝いの定番アイテム。また、オシャレなインテリアアイテムを新居祝いとして贈るケースもあります。じつのところ、どのような品物が適しているかは、相手との関係や先方の好み、ライフスタイルなどによって多少変わってきます。例えば、相手が共働きで留守がちなときには、植物よりも世話の手間がかからないインテリアアイテムのほうが適している場合もあるでしょう。日ごろから相手の好みをリサーチしておくと、喜んでもらえる新居祝いを贈れます。

新居祝いのプレゼントのマナー

ちなみに、新居祝いの予算は身内がだいたい1万円から5万円前後、友人や知人は3千円から1万円前後といったところです。一般的に、親や兄弟姉妹などの身内は、新居祝いにも少し値の張る品物をプレゼントする傾向があります。一方、友人や知人は相手の趣味に合った品物などを予算のなかで選ぶことが多いようです。新居祝いを贈るときには、紅白の蝶結びの水引がついたのし紙をつけるのが本来のマナーです。のし紙にはさまざまな種類がありますが、新居祝いのように繰り返してあってもよい祝いごとの場合は、結び直しができる蝶結びののし紙を選ぶ習慣があります。
のし紙の表書きは、新築であれば「御新築祝」や「祝御新築」といった文言を書き入れるのが一般的。新築でない場合は、「御新居祝」と書けば失礼になりません。水引の下には、贈り主の名前を書き入れます。このような新居祝いは、贈るタイミングが思いのほか大切です。引っ越しが終わってから、だいたい2週間ぐらいを目安に贈ればタイミングを逃さずに済むでしょう。新生活を始めた高揚感が薄れないうちに贈るのが、新居祝いのコツです。

新居祝いのプレゼントのタブー

お祝いの品を贈る際には、新築祝いや新居祝いでタブーとされている品物についても知っておいたほうがよいでしょう。新居祝いの場合は、例えば「火」をイメージさせるような品物を贈るのは避けたほうがよいと言われています。例えば、赤色の花やタオル、食器などは、新居祝いの品には不向きです。ちなみに、コンロやライターといったアイテムも、「火事」を連想させることから新居祝いにはタブーとされています。
また、壁掛け時計や絵画のレプリカなども少し注意が必要です。この手のアイテムは、インテリアをオシャレに演出してくれますので、新居祝いの品としてつい選んでしまう人もいるかもしれませんね。ただ、こういった品は、設置する際に壁に穴を開けなければならないことがあります。じつのところ、新居の壁に穴を開けるのは縁起が悪いと考える人もいますので要注意。
タブーとされている品は、知らないで贈ってしまうと相手に不快感を与えてしまう恐れがあります。先方から特別なリクエストがある場合は別ですが、そうでないときにはタブーと言われているアイテムをギフトとして選ぶのは避けたほうがよいでしょう。

新居祝いにプレゼントするのはどんな品物がおすすめ?

新居祝いの定番アイテムからギフトを選ぶ場合でも、やはり相手に喜ばれる品を探す際にはいろいろな迷いが生じてきます。喜ばれる贈り物は、相手の年齢などによっても違ってきますので、品物選びにも時間がかかってしまうケースがあるかもしれませんね。そういったときには、ここでご紹介するようなおすすめ品を参考にしてみるのも1つの方法です。人気がある品にはやはり喜ばれる理由があるので、迷ったときには候補に入れておくとよいかもしれません。ここでは価格帯別でおすすめの品物をご紹介していきます!

3,000~5,000円

ちょっとした知り合いや知人の新居祝いにおすすめなのが、3千円から5千円前後のギフト。じつのところ、この程度の予算でもいろいろな商品を選べます。例えば、新婚のカップルには、「ル・クルーゼプチラムカンダムールセット」などがおすすめです。また、「ウェッジウッドピクチャーフレーム」は、モダンなインテリアを好む人にも喜ばれるプレゼントになるでしょう。少しユニークな品を贈りたいときには、「asoview!GIFT Fun」などの体験ギフトのチケットを選ぶという方法もあります。ちなみに、こちらのチケットではレーシングカートや手作りキャンドルといったさまざまなアクティビティが体験できます。

5,000~10,000円

5千円から1万円のギフトは、親しい友人への新居祝いに最適。このくらいの予算になると、選べる品物のバリエーションもかなり増えてきます。例えば、「天然岩塩ランプ」などのインテリアライトや「ティファニーブルーボックスボウル2個セット」といった人気ブランドの食器は、新生活を始めたばかりの相手にも喜ばれる可能性があります。親族の場合は、1万円以上の少し高価な品もおすすめ。「ヨハンシュピッカーハンドメイドペッパーミル」などは、料理が好きな人にもおすすめのギフトになるでしょう。また、体験ギフトの「asoview!GIFT Happiness」で、シュノーケリングやパラグライダーなどを楽しんでもらうのもおすすめです。

体験ギフトとは?

新居祝いでも広く利用されている体験ギフトは、言うなれば「モノよりも思い出」を贈るギフトです。このようなチケットでは、アウトドアのアクティビティやインドアのモノづくりなどが体験できます。また、温泉やショーレストランでのレジャーを選べるのも、この手の体験ギフトの特徴。購入したチケットに収録されているプランから、好きなものを選んで体験ができるので、一般的なギフトとは少し異なる贈り物と言えます。品物の代わりにすてきな体験や時間をプレゼントできるのが、「asoview!GIFT Fun」などの体験ギフトの魅力です。相手別でおすすめの体験をご紹介します。

新生活を始めた人におすすめの体験

新生活を始めた人におすすめの体験としては、例えば、人力車での浅草巡りなどが挙げられます。「asoview!GIFT Fun」に収録されている「浅草の街を人力車で巡る一区間コース」のプランは、雷門やスカイツリーといった東京の名所や下町の風景を眺めながら、約12キロの距離を人力車に乗って巡るのが特徴です。こちらのプランの場合、東京観光を楽しみたい人はもちろんですが、都内に住んでいる人が東京の魅力を再発見するのにもおすすめと言えます。レトロな人力車に憧れている人にも喜ばれるでしょう。

ハンドメイドが好きな人におすすめの体験

また、「asoview!GIFT Smile」に収録されている「京都・陶芸・電動ろくろ60分コース」は、陶芸体験ができるのが特徴になっています。このような体験は、ハンドメイドが好きな人にもおすすめです。ちなみに、このプランでは京都で電動ろくろを使って焼き物を制作します。体験では、伝統工芸品の清水焼と同じプロセスで制作をしていくため、本格的な陶芸を楽しめるのが魅力。陶芸にチャレンジしたことがない人でも、プロのテクニックを参考にしながらオリジナルの作品を作る体験ができます。

アクティブな人におすすめの体験

少しアクティブな体験を好む人には、「asoview!GIFT Happiness」に収録されている「無人島SUPクルージングとシュノーケリングの半日コース」などもおすすめの体験です。沖縄の恩納村を舞台に、SUPやシュノーケリングなどのマリンスポーツが楽しめるのがこちらのコース。SUPで無人島にたどりつくのが1つの目標ですが、現地での時間をどのように楽しむかは自分次第。ボートに乗って海の壮大な景色を眺めながら、日頃の疲れを癒すのも1つの楽しみ方になるでしょう。

まとめ

ここまでさまざまなギフトをご紹介しましたが、どのような品が適しているかはやはり贈る相手によって千差万別です。イメージを膨らませて、新生活を始めるシーンにふさわしい贈り物を選んでいきましょう!

-未分類