ホワイトデーのプレゼントのマナーを知りたい!相場やおすすめの品物は?

更新日:

ホワイトデーのプレゼント選びに悩んでいる皆さん、今年のプレゼントに体験ギフトはいかがですか?贈る相手によってどういう贈り物が良いのか、通常のプレゼントよりも少し困ってしまう場面もありますよね。体験ギフトなら様々な場面に柔軟に対応でき、相手に喜んでもらえる贈り物が選べますよ!

ホワイトデーのプレゼントの基本

ホワイトデーのプレゼントで気を付けたいポイントと併せて、贈る相手別のプレゼントの予算とおすすめの選び方をご紹介します。

ホワイトデーにもマナーがある?

ホワイトデーには、冠婚葬祭のような決まったマナーはありません。しかし、考慮しておいたほうがベターな「暗黙のルール」のようなものが存在します。それは、バレンタインデーにもらったプレゼントよりも安価なお返しをしてはいけない、ということです。もちろん、交際期間が長く、お互いの趣味趣向やプレゼントに対する考え方などをよく知っている間柄などでは例外もあります。ですが、ホワイトデーのプレゼントは、お返しとして期待されている側面があるため、もらう側のハードルがどうしても上がってしまいます。そのため、選び方を間違えるとプレゼントしているのにがっかりされるということになりかねません。そうならないためにも、「暗黙のルール」は守ったほうが無難といえます。なお、お返しを忘れるといったことは絶対にしてはいけません。バレンタインデーに「お返しはいいです」と言われていても、マナーとしてお返しは忘れずに贈りましょう。

義理へのお返しの選び方

近年ではだいぶ少なくなってきてはいますが、まだまだ「義理」という文化も残っています。この「義理」に対してのお返しに頭を悩ませている人も多くいることでしょう。お返しにかかる金額に困ってしまうのも、この義理チョコへのお返しが一番ですよね。一般的には、義理チョコへのお返しは、バレンタインデーにもらった品物と同価格程度の品物を選ぶと良いとされています。もらった品物が手作りで金額が分からない場合は、「ちょっと良いお菓子」を選べば間違いありません。逆に、もらった品物に対して、あまりにも高価なお返しをしてしまうと、相手に恥ずかしい思いをさせかねません。相手の負担にならないためにも、高くてもプラス500円程度にしておくのが無難です。義理チョコをくれた複数人にお返しをする場合は、同じ品物にすると優劣が出ませんので、余計な誤解を生むこともありません。品物は、ハンカチなども選ばれがちですが、好みが出てしまうので形に残るものよりも、お菓子などの消えものの方が好まれます。

本命へのお返しの選び方

恋人や意中の女性からもらったプレゼントに対するお返しは、選ぶ方も嬉しいものですよね。金額に糸目をつけない!という情熱的なかたもいますが、一般的な相場としては、バレンタインデーにもらった品物よりも高価なものを贈る人が多いようです。好景気な時代は「3倍返し」などとも言われていましたが、現在はそれほど効果でなくても問題ありません。SNSなどの影響もあってか、その贈り方に工夫を凝らす人も増えてるようです。本命へのお返しは、金額よりも贈り方に工夫をしてみるのも良いでしょう。贈る品物として定番なのは、スイーツなどの消えものに、アクセサリーなど形に残るものをセットにしたプレゼントです。どちらも女性が大好きなものですから喜ばれる組み合わせです。そこに手書きのメッセージカードを添えれば、ぐっと本命感がアップします。男性はテレもあってか、なかなか手書きでメッセージを書くということが少ないですので、もらった女性は男性が思っているよりもずっと喜んでくれますよ。

家族・友人へのお返しの選び方

奥さんや娘さん、お母様へのお返しには、お返しする本人に直接欲しいものを聞くことができるのが、義理や本命へのお返しとは大きく異なる点です。プレゼントを贈る本人のリクエストを聞いて選べば、絶対に喜んでもらえるプレゼントを選べますよね。もちろん、奥さまの場合は本命ともなりますので、本命へのプレゼントの選び方を実践するのも良いでしょう。また、家族みんなで一緒に楽しめるプレゼントというのもおすすめです。

ホワイトデーのおすすめプレゼント5選

ホワイトデーのお返しとして定番のプレゼントや、ちょっと変わったプレゼントなどおすすめをご紹介します。

有名ブランドのお菓子

ホワイトデーのお返しといえば、お菓子が定番ですよね。ホワイトデーのシーズンになると、百貨店やショッピングセンターなどで特設のコーナーが設けられることも多く、選ぶのも購入するのも比較的手軽に行えるのが魅力です。有名ブランドを選ぶことで味も期待でき、ネームバリューによる満足感も高いので、無難にまとめたい義理チョコへのお返しなどにはぴったりといえます。有名ブランドゆえ、価格が分かってしまいやすいのが難点ですが、もらった品物よりも安価でないようにするというポイントを抑えておけば問題ありません。

入浴剤

食べ物以外の消えもので人気なのが入浴剤です。見た目も可愛いものが多いので、女性がもらって嬉しい手軽なプレゼントの代表格です。個包装になっているものも多いので、同じ価格帯のものを何種類か用意すれば、「みなさんで好きなものを選んでください。」という渡し方でもちょっとした盛り上がりを演出できます。(ただし、それを食べものでやるとお土産感が出てしまう可能性がありますので注意してください。選ぶ楽しみを演出できるかどうかがポイントです。)また、食べもののように賞味期限のようなものがない点も、贈り物としては便利な品物といえます。

アクセサリー

アクセサリーも定番のプレゼントのひとつです。定番ではありますが、最も喜ばれるプレゼントのひとつともいえます。ただし、好みが出てしまうものでもありますので、選ぶ際には相手の趣味趣向を把握しておかなければいけません。また、金属アレルギーなどの可能性も考慮する必要があります。もし、贈る相手が普段からつけているアクセサリーのブランドがあるのであれば、同じブランドのものを選んだり、素材を公式サイトで調べて確認しておくと安心でしょう。分からない場合は、アレルギーの出にくい素材を選びましょう。同じようにサイズが分からないと贈るのが難しいリングよりは、ピアスやネックレスのほうが贈りやすいですね。一緒に選ぶというのもひとつの方法ですが、予算の伝え方が難しいので工夫が必要となってきます。

便利家電

特に奥様へのプレゼントとしておすすめなのが便利家電です。日頃頑張ってくれている家事の負担を少しでも軽減させてあげられるように、感謝を込めて贈りたいですね。人気が高いのは食洗器です。食器洗いは毎日のことですので、それが軽減できるというのは積み重なって大きな負担減となるため、必要としている人が多いのでしょう。需要に伴って、今では省スペースに設置することができるコンパクトなタイプの食洗器も多く販売されています。少し値は張りますが、毎日続くプレゼントと考えれば安いものかもしれませんよ。

体験ギフト

ちょっと変わったプレゼントとしては、体験ギフトなどはいかがでしょうか。形に残るプレゼントではありませんが、消えものとも違います。記憶に残るプレゼントです。ホワイトデーのプレゼントとしてイメージするものとしては変わっているので、もらう側にも新鮮な驚きを与えることができます。サプライズ感のあるプレゼントとしておすすめです。

ホワイトデーにおすすめの体験ギフト

体験ギフトとは?

体験ギフトとは、形のある「もの」ではなく、体験を通して記憶に残る「もの」を贈るプレゼントです。アウトドアでのアクティビティや、インドアでのもの作り、日帰り温泉やレストランでの食事などのちょっとした非日常など、さまざまな体験ができるプランを選べるチケットを贈ります。きっとホワイトデーがくるたびに思い出すことができる、素敵なプレゼントになりますよ。

ホワイトデーにおすすめの体験ギフトは?

ホワイトデーにおすすめの体験ギフトを3つご紹介します。

1つめのギフトは、ヘリコプタークルージングです。ヘリコプターに乗って夜景を楽しむという憧れの体験ができるチケットです。クルージングする場所や時間もチケットによって選べます。東京タワーやスカイツリーを上空から眺められるものや、マジックアワーといわれる日没直後のフライトができるものなどがあります。夜景はもちろん、世界中が黄金色に包まれる一瞬がロマンチックなマジックアワーのフライトも素敵で、どちらにするか迷ってしまいますね。


2つめは、ふたりで楽しめるアクティビティがつまったチケットから、シルバーアクセサリー作り体験です。道具などを用意する必要がなく、手ぶらで参加することが可能です。2人で作ったアクセサリーをプレゼントし合うというのも楽しいですね。アクセサリーという「もの」も残せる体験ギフトです。

3つめも、ふたりで楽しめるアクティビティがつまったチケットから、カヌー体験です。葉山の海でのシーカヤックや、釧路川でのリバーカヤックなどから選べます。ふたり一緒にはじめてのことにチャレンジした経験は忘れられない記憶になって残る素敵なプレゼントになるでしょう。

その他にも3000円、5500円のラインナップなど低価格帯の体験ギフトもご用意しています。
商品一覧はこちら

まとめ

アクセサリーなど毎日身につけられるプレゼントももちろん素敵ですが、体験ギフトのように非日常から得られるワクワク感もとてもおすすめのプレゼントです。ホワイトデーがくるたびに「あの年のホワイトデー」として思い出してもらえるような、素敵なホワイトデーを演出したいですね。

-ホワイトデー