入学祝いのお返しのマナーや相場をチェック!おすすめの品物もご紹介

更新日:

入学祝いのお返しは一般的には必要ないとされています。でも、普段からお世話になっている方からお祝いを受け取った時などには何かお返しをしたい場面もありますよね。ここでは場面ごとにおすすめのプレゼントをご紹介します。日頃の感謝の気持ちを込めて、とっておきのプレゼントを贈りましょう!

入学祝いのお返しとして贈るならどんな品物がおすすめ?

子どもの新しい門出を祝う機会として入学祝いがあります。普段から、子どもの成長を見守っていてくれている方々から、お祝いをしてもらったとき、お返しをどうすればいいのだろう?と悩む保護者の方もいるかもしれません。入学祝いは、子どもへのお祝いのため、お返しが必要なのかどうか判断が難しい面もあります。また、お返しをしたい相手との関係によって、贈る品物には変化を持たせたほうがいい場面もあるでしょう。
ここではまず、入学祝いのお返しのマナーや、品物を選ぶ時の相場など、おさえておきたいポイントをご紹介していきますね。

入学祝いのお返しとして押さえておきたいポイントは?

入学祝いのお返しとして、品物を贈るときには、いくつかのポイントをおさえておきましょう。

まずは子ども自身がお礼を伝える

入学祝いをしてもらったときには、まず子ども自身がお礼の言葉を伝えることが大切です。子ども自身が書いた手紙を同封するなどの工夫も、相手との関係性によっては、喜ばれる配慮になります。

入学祝いのお返しが必要かどうか

入学祝いは子どもの成長を祝うためのお祝いです。子どもが入学するにあたり、物入りになるため、何かの役に立ててほしい、という想いから入学祝いを贈ってくれること多いでしょう。
とはいえ、お祝いをもらったとしても、子ども自身が収入があるわけではないため、お返しをすることはできません。そのようなことから、子どもの成長に関するお祝いは、電話や手紙などでお礼を言うのにとどめておき、品物などを返す必要はない、という考えもあります。地域や家族によっては、そのような考え方から、入学祝いのお返しはしないという場合もあるのです。
そのため、もしも内祝いとしてお返しを考えている場合には、お祝いをしてくれた親戚や知り合いの考え方をまず聞いておきましょう。お住いの地域や家族内での考え方などで差があるため、確認しておいたほうが安心です。

ただ、内祝いというのは、本来、喜びごとのおすそ分けという考え方がもととなっています。本来の意味なら、喜びごとをみんなで分かち合おうという考え方のため、お返しという形にこだわらず、内祝いを贈ることはできるのです。
「お返しはいらない」と前もって言われていたとしても、お祝いをしてもらったことへの感謝の気持ちを伝えておくことで、今後の関係がより良好になることは考えられます。ぜひ検討してもてくださいね。

入学祝いのお返しとして好まれやすいものは?

入学祝いのお返しでは、相手に気を使わせないもの、好みに左右されないものなどが人気のようです。商品券やギフト券、現金や食べ物などの、使ったり食べたりしながらなくなる「消えもの」が好まれます。ただ、年配の方は、現金などを贈られることに抵抗を持つことも多いです。そのため、贈る相手によって、贈り物を変えると良いでしょう。さらに、体験を贈ることのできる体験ギフトのチケットなども、内祝いとしては少し珍しいアプローチですので、喜んでもらえる可能性が高いです。

入学祝いのお返しの予算の相場は?

入学祝いのお返しを贈る場合には、お祝いの金額の3割から5割が予算相場です。これはお祝いとして受け取った金額によって変わります。
小学校の入学の場合には、ランドセルなどの物品をお祝いとしてもらうこともあるかもしれません。そのように、品物をお祝いとしてもらったときには、金額が分からないこともあるため、品物の相場を調べ、大体の金額から予算を決めましょう。
入学祝いの相場が、祖父母などの場合には20,000円~50,000円。親戚で10,000円~30,000円、知人(知人の子ども)で3,000円~5,000円だと言われています。この入学祝いの予算相場から、3割から5割の金額がお返しの相場です。品物でもらったときなど、金額が分からないときは、一般的な相場から、予算を決めていきましょう。

いつ贈ればいい?

入学祝いのお返しは、入学式が終わってから1ヶ月以内が贈る時期の目安です。入学祝いそのものは、入学式の数週間前に届いていることが多いかもしれません。しかし、早く届いたとはいえ、入学式を行っていないうちにお返しすると、ちぐはぐになってしまいます。「無事に入学することができました」と報告の意味をこめて、入学式が終わったあとに、お返しを贈りましょう。
ただ、無事にお祝いが届いていることを知らせるためにも、郵送などでお祝いが届いたときには、電話などのかたちで、まずはお礼の言葉は伝えておきましょう。

のしのマナーは?

のしの表書きは、上側に内祝いや入学内祝いと書き、下側に入学する子どもの名前を書きます。名前は下の名前だけでも、フルネームでも構いません。小学生くらいであれば、名前のみのケースも多く、中学生以降はフルネームで書くことが多いようです。
また、品物を贈る際には、のしを包装紙の内側につける「内のし」か、外側につける「外のし」にするかどうか、を決めなければなりません。内祝いの場合には、包装紙の内側にのしをつける内のしが一般的のため、入学祝い内祝いも、内のしを選びましょう。
また、入学祝いは何度であってもいい慶事のため、水引は、結び直しのできる紅白の蝶結びのものを選びます。

入学祝いのお返しのプレゼントで、おすすめの品物7選

入学祝いのお返しをするときにおすすめの品物を7つ厳選してご紹介します。どんなものを贈ったらいいのか悩んでしまうときには、参考にしてみてくださいね。

お菓子

お菓子はパッケージやお菓子そのものの見た目が華やかなことも多く、入学祝いの定番です。お菓子はバリエーションも豊富なため、予算によって選び分けることができるでしょう。特に焼き菓子のセットなどは、年齢や性別を問わず広く好まれるギフトです。なるべく賞味期限が長いものを選べば、急いで食べる必要もないため、相手の負担にはなりません。遠方の相手に贈るときにも、安心です。

総合版体験ギフトチケットFun3,000円分

少し変わったものを贈りたいなら、「総合版体験チケットFun」がおすすめです。このチケットでは、フルーツ狩りやガラス工芸体験、キャンドルづくりやボルダリングなどの体験が全国各地で楽しむことができます。主にインドアの体験を中心に、1枚のチケットは1~2人での体験が可能です。1枚3,000円と贈りやすい価格ですので、お祝いの金額やお祝いを返す相手の家族構成によっては、チケットを複数贈るなど、工夫をすることができるでしょう。非日常の体験をプレゼントできます。

子どもの写真やポストカード

ランドセルや入学式の服など、身につけられるものをお祝いとしてもらったときには、入学式に子どもがランドセなどを身につけた姿の写真を撮影し、プレゼントしてもよいでしょう。特に祖父母などは、子どもの晴れ姿を見ることを楽しみにしてくれていることも多いですよね。写真をプリントアウトしてポストカードにしたり、飾っておけるように加工したりして、プレゼントしてはいかがでしょうか?子どものお礼のの手紙などを添えるなど、子ども自身が手を加えるのも、おすすめです。自身で写真を撮影する場合には、予算はそれほどかからないため、写真やポストカード単体というよりも、ギフトと合わせて贈るのがよいかもしれません。

紅茶・コーヒー

有名なブランドの紅茶やコーヒーは、香りや風味に魅力を感じていても、普段自分ではなかなか購入しないという人も多いです。紅茶やコーヒーは産地によって値段に幅もあり、普段は飲みにくい価格のものもあります。普段から紅茶やコーヒーをたしなんでいる人には、この機会に、少し高級なものをプレゼントするとよいかもしれませんよ。ティーバックやインスタントのものもよいですが、紅茶なら茶葉が缶にはいったものや、コーヒーなら豆、粉タイプを選ぶと高級感がでます。こだわりがある人なら、自家焙煎のコーヒーや希少な茶葉の紅茶を選ぶと、特に喜ばれるかもしれません。紅茶もコーヒーも賞味期限が長くとられているため、相手が飲みたいタイミングで楽しんでもらえるでしょう。

スタイル版体験ギフトチケット HANDMADE-Smile-5,500円分

ものづくりを趣味としていたり、関心があったりする人へのお返しなら、「体験ギフトチケット HANDMADE-Smile-」がおすすめです。このチケットを使えば、陶芸やハーバリウム、レザークラフトやアクセサリー作りなどのものづくりの体験ができます。
ハンドメイドの世界が気になっているけれど、普段自分では一歩踏み出せないという人に、楽しい時間をプレゼントできるでしょう。全国の会場で様々な体験が開催されているため、お住いの地域で体験してもいいですし、別の地域の体験を予約して、旅行と合わせて楽しむこともできます。5,500円の価格ですので、祖父母や親戚などにお祝いをもらったときには、お返しとしてちょうどいい金額ではないでしょうか。体験内容によって、体験できる人数が異なりますが、2人で体験できるものなら、ご夫婦で楽しんでもらえます。

名産品のグルメギフト

名産品のグルメをお返しとしておすすめです。肉や米、魚などの各地の名産品を選んギフトとして贈るのはどうでしょうか。少し高級感のあるものを選べば、お祝いの雰囲気をおすそ分けできます。オーガニックにこだわりのある人に贈るなら、ドレッシングやジャムなど、天然素材のものを選んでも、喜ばれる可能性が高いです。グルメギフトは、相手の食の好みをよく知っている場合に、特におすすめです。

商品券・ギフト券

商品券やギフト券なら、相手が自由に好きな用途に使えるため、好みに左右されません。幅広い店舗で使えるものを選ぶようにすれば、相手も使いやすいでしょう。ただ商品券やギフト券は値段が明らかになってしまうため、もらったお祝いよりも少なくても失礼に当たる場合もありますし、多すぎても気を使わせてしまう場合があります。入学祝いのお返しとして、商品券やギフト券を用意するときには、値段を気にして選んでみてください。

入学祝いのお返しで贈りたい体験ギフト

最後に入学祝いのお返しで贈りたい体験ギフトをご紹介します。

体験ギフトとは?

体験ギフトとは、文字通り体験を贈るギフトです。アウトドアのアクティビティから、インドアのものづくり体験。あるいは観光旅行や食体験、文化体験などが収録されているチケットの中から、好きなものを選んで体験できるのです。体験をとおした思い出を贈り物にできます。

入学祝いのお返しにおすすめの体験は?

贈りたい相手の好みにもよりますが、入学祝いのお返しなら、レザークラフト体験や陶芸体験、ハーバリウム体験などがおすすめです。だれだれの入学の時に作ったものだという、思い出になります。自分で作った手作り品はインテリアとして飾れたり、普段使いすることもできるでしょう。「スタイル版体験ギフトチケット HANDMADE Smile5,500円分」なら、そんなものづくり体験プレゼントできます。
お子さんのいる家庭なら、フルーツ狩りやレーシングカートなど、家族みんなで楽しんでもらえる体験がおすすめです。「総合版体験ギフトチケット Fun3,000円分」にはライトに楽しめる体験が収録されています。
祖父母など、落ち着いた年齢の相手に贈るなら、クルージングや星空ツアーなど、比較的落ち着いたアクティビティがおすすめです。「スタイル版体験ギフトチケット PAIR Happiness10,500円分」なら、そんなペアで楽しめるアクティビティを中心に収録されています。
体験ギフトなら、もらったお祝いの金額や贈りたい相手の好みに合わせてセレクトが可能ですよ。

まとめ

入学祝いのお返しをするときのマナーや予算の相場、おすすめの品物について、ご紹介してきました。子どもの入学は、親自身も子どもの成長を感じる喜ばしい機会です。そんな子どもの成長を祝ってくれた方々に、内祝いの品を贈って、感謝の気持ちを伝えましょう。
品物は食べ物や商品券など、相手に気を使わせずに、喜んでもらえるものがおすすめです。さらに体験ギフトなら、楽しい時間をプレゼントできます。ぜひ、参考にしながら、お返しの品を検討してみてくださいね。

-お礼, お返し, 入学祝い, 内祝い