成人祝いのプレゼントにおすすめの品物を紹介!マナーや相場も徹底解説!

更新日:

子どもの成長を祝う成人祝いは思い出に残るプレゼントを贈りたいですよね。一生に一度のお祝いにふさわしいプレゼント選びは少し悩んでしまいますよね。ここでは成人祝いのマナーやおすすめのプレゼントをご紹介します。大人になった記念に素敵なプレゼントを贈りましょう!

成人祝いのプレゼントを渡す時におさえておきたいポイントは?


子どもが大人になる節目としての成人式。自分のこどもでなくても、小さいころから知っている子の成人は、感慨深いものがあります。知人や親せきの子どもが成人を迎えるとなれば、祝ってあげたい、なにかお祝いを贈ってあげたい、と思うものですよね。ただ、成人祝いのプレゼントを渡すときには、予算の相場やご祝儀袋のマネーなど、知っておきたいことがあります。
ここでは、まず、成人祝いのプレゼントを贈るときにおさえておきポイントを、4つご紹介します。気持よくお祝いするためにも、ぜひ参考にしてみてください。

贈り物に好まれるものは?


成人祝いのプレゼントは、大人の一員となることをお祝いするためにも、大人としてふさわしいものが好まれます。ネクタイやワイシャツ、ベルトや名刺入れ、靴、カバンなどのビジネスグッズから、万年筆やボールペンなどのステーショナリーグッズ。香水や花、時計、アクセサリーなど、お祝いにふさわしい華やかなものもおすすめです。本人が自分で購入するものよりも、少し高級なものをプレゼントすると喜ばれます。

関係による予算の相場

成人祝いでは、お金を渡そうと考える人も多いでしょう。お金を渡すときには、成人する人が自分とどんな関係にあるかで、ふさわしい金額がかわります。
自分の子どもへのお祝い金は、10,000円~50,000円が相場です。成人する人が兄弟にあたる場合には、10,000~30,000円が相場。孫の場合には10,000~100,000円、甥や姪なら10,000円~30,000円が適当です。さらに、知人やその子どもに渡す場合には、5,000円~10,000円がふさわしい金額だといわれていいます。
成人のお祝いは、一般的に身内で行う傾向があるため、親しい関係ではない場合には、現金やプレゼントを贈る必要はありません。また、内祝いのようなお返しの慣習はないため、あまり多くのお金を包みすぎると、かえって気を使わせてしまうこともあります。相場を参考にして、見合った金額を渡すようにしましょう。

ご祝儀袋の入れ方

成人祝いのお祝い金は、ご祝儀袋に入れて渡すことが礼儀です。自分の子ども相手であっても、この機会ばかりはマナーを意識し、ご祝儀袋に包んで渡すようにしましょう。お祝い袋は中袋のついているものを選び、水引は紅白の蝶結びや、あわじ結びのものを選びます。
表書きには、「祝成人」や「御成人」、「祝御成人」、「成人お祝い」や「祝成人式」、「御成人お祝い」などの中から選んで書きましょう。中袋の表に金額を、裏(左側)に自分の住所・氏名を書きます。
新たな門出をお祝いするためにも、お札は新札を用意するのがベストです。肖像画のあるお札の表が、袋の表に向くように入れます。

送る時期は?

成人祝いのお祝い金やプレゼントを送るのは、成人式の当日か前日がよいといわれていいます。毎年1月第2月曜日が成人式と決まっていますので、遠方に住んでいるなど、すぐに渡すことができない場合には、その日までに届くように郵送しましょう。人に頼んで渡してもらっても、問題ありません。お正月などに親戚が集まる機会に渡してもよいですが、お年玉と一緒に渡すなど、他のものと一緒くたにするのは、やめておきましょう。

成人のお祝いのプレゼントでおすすめの品物7選

成人祝いにおすすめのプレゼントを7つ選んでご紹介します。成人のお祝いは、大人としての自覚が芽生えるきっかけです。本人の好みに合わせたセレクトももちろんよいですが、本人がまだ知らない世界のことを紹介するつもりで、プレゼントを選ぶのもよいでしょう。

Analog Digital Wrist Watch for men on the wooden table. 3D rendering


成人して大人になったので、これからは自分で時間管理をしっかりしよう、時間を大切にしましょう、という意味を込めて、腕時計のプレゼントはどうでしょうか?普段自分では買わないような、少し高級な腕時計やブランドの腕時計などは、成人としての自覚を芽生えさせます。ビジネスシーンでもプライベートでも使えるようなデザインのものであれば、ヘビーローテーションすることまちがいなしです。

ステーショナリーグッズ


万年筆やボールペンなどのステーショナリーグッズは、成人祝いの定番です。名前や日付を入れることもできますし、万年筆などは大切に使っていけば、一生物にもなるでしょう。
デジタルツールを使う機会が多い昨今であっても、就職活動でエントリーシートを手書きで記入したり、試験の回答を手書きで書いたりなど、ペンを使う機会はあります。質の良い万年筆やボールペンを備えておくことで、社会人としての気合が入ることでしょう。
ペンは、ペン先の太さも様々です。また、筆圧によっても適したペンが変わります。さらに人によって、書き方の癖や好みがあるので、あらかじめ、どんな太さのペンが好きで、筆圧の強さなどを、相手に聞いておくとよいでしょう。

体験ギフト・総合版体験ギフトチケットHappiness

物はそんなに欲しくない、という人もいます。そんな人には、ワクワクする体験をプレゼントできる、体験ギフトはどうでしょうか?
アウトドアからインドアまで、数ある体験をギフトとしてプレゼントできてしまいます。アウトドア派なら、シュノーケリングやサンドボード、パラグライダーなどのアクティビティを、インドア派ならそば打ち体験や陶芸体験などをプレゼントすることができます。その数2000種類以上。贈られた相手が、自分で好みのものを選んで体験できるので、贈る側は、相手が好きそうな体験を収録しているギフトを選ぶだけでOK。成人の記念に、非日常でのワクワク体験をプレゼントできます。

お財布


成人をむかえたことで、これからは、お金の大切さを身をもって知っていく機会が増えるでしょう。すでに働いている人もいるでしょうが、お金との付き合い方を考える機会として、成人祝いにお財布をプレゼントするのもおすすめです。成人する本人がお気に入りのプランドや、憧れているけれど、なかなか手が出ないブランドのお財布があるようであれば、あらかじめ聞いておきましょう。この機会に、お祝いとしてプレゼントすることで、喜んでもらえます。

お酒


お酒の飲める年齢になった記念として、お酒を送るのも、成人祝いにはおすすめです。名入れのラベルのお酒などをオーダーすれば、その人のためだけのお酒が出来上がりです。
また、相手がお酒への好奇心がある人なら、飲んでみたいお酒を聞いて、そのお酒をプレゼントしてもよいでしょう。おすすめのおつまみなどもセットでプレゼントすれば、喜ばれます。そのほか、製造年が成人する人の生まれた年のワインなどをプレゼントするのも、おしゃれなチョイスです。口当たりの良いものを選ぶと、お酒に慣れない新成人でも飲みやすいでしょう。

体験ギフト・総合版体験ギフトチケットSmile

体験ギフトチケットSmileは、インドアの体験を中心に、少しライトなアウトドア体験ができるギフトです。ハーバリウム作りや本格アクセサリー作り、オリジナルグラス作りなどのインドア体験から、シュノーケリングやカヌーツーリングなどのアウトドア体験ができます。1800種類以上の中から好みの体験をセレクト。非日常の体験を、成人の記念にプレゼントできます。

ビジネスアイテム


スーツやシャツ、ネクタイやビジネスバックなどのビジネスの基本グッズから、名刺入れやタイピンなどの小物まで、ビジネスで使えるものは、おすすめできるアイテムです。相手との関係性にもよりますが、一緒に買い物に行ってスーツを一着選んであげるのもよいでしょう。スーツのプレゼントは、社会人になるうえで今後の役に立ちますし、スーツの相場を知らない新成人も多いため、勉強の機会にもなります。
また、就職活動に際して、基本的なビジネスアイテムはそろえたものの、小物などはそろえる余裕がない、という新成人もいるでしょう。おしゃれなタイピンやカフス、名刺入れやアクセサリーなど、本人が中々手が回らない部分のアイテムを、お祝いとしてプレゼントするのもおすすめです。気が利くアイテムは、喜ばれます。

成人のお祝いで贈りたい体験ギフト

成人のお祝いに贈りたい体験ギフトをご紹介します。

体験ギフトとは?

体験ギフトとは、言葉やものでは伝えきれない気持ちなどを、伝えることができるギフトです。形には残らないけれど、心には残る思い出をプレゼントします。
具体的には、アウトドアのアクティビティや、インドアのものづくりから、日帰り旅行や着付け体験などの、様々な体験や遊びが収録されているチケットをプレゼントするのです。贈ってもらった相手は、好きなプランを自由に選んで体験できます。選んだギフトによっては、アウトドア体験が多かったり、インドア体験が多かったりなど、収録体験が変わります。贈りたい相手がどんな体験なら喜んでくれるかなどを考えて、選びましょう。

成人のお祝いでおすすめの体験は?

成人祝いで体験ギフトは、贈り相手の好みと、その人との関係性に合った予算相場とを加味した上で選びましょう。
まず、予算が10,000円前後なら、「総合版体験ギフトチケット Happiness(10,500円+税)」がおすすめです。この体験ギフトチケットは、体験ギフトの中でも、定番のパックになります。また、予算が10,000円以上30,000以下なら、「総合版体験ギフトチケット Colorful(15,500円+税)」がおすすめです。Happinessを少しグレードアップした体験チケットになります。体験そのものだけではなく、写真や動画撮影など、プラスアルファのサービスがついているプランが多いです。

30,000円以上の予算なら、「総合版体験ギフトチケット Cherish(30,500円+税)」はどうでしょうか。こちらはアウトドア体験、インドア体験それぞれが充実したプランです。ジェットスキーやバナナボート、シャワークライミングなどの本格派アウトドアから、レザークラフトや三線づくりなどの贅沢なインドア体験が収められています。
体験ギフトは47都道府県の各地で開催されているので、お住まいの地域で体験するもよし、遠方の会場におもむいて体験するもよしです。

まとめ

成人祝いは、子どもが無事に成人できたことのお祝いであるとともに、社会人の仲間入りをする節目でもあります。祝う側にとっては、本人がまだ知らない新しい価値観を提案する、よい機会でもあります。そのときに、体験ギフトをプレゼントすれば、人生に一度しかない成人のよい思い出になるでしょう。その思い出は、今後の人生にも、役立っていくかもしれません。

-成人祝い