【出産内祝い】職場での出産内祝いのマナーとおすすめギフトを厳選して紹介

投稿日:

感謝の気持ちを込めて贈りたい「出産内祝い」。職場で渡す出産の内祝いを用意するときには、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?贈ってはいけないギフトや予算、贈るタイミングなど意外と知らないことが多いですよね。そこで今回は、出産内祝いのマナーやポイント、おすすめのギフトをまとめてご紹介します。今、注目したいおすすめのギフトばかりを厳選しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

出産の内祝いとはどのようなもの?


「内祝い」とは本来「内輪」とい意味があり、親戚や身内など親しい間柄の人に贈るお返しのことを指す言葉でした。親しい間柄の中で「おめでとう」という気持ちを分かち合うために用いられていたそう。
しかし、現在は身内に限定しないで、出産のお祝いをしてくれた人たちに感謝の気持ちを込めて贈るギフトのことを指すようになりました。出産後は何かと慌ただしくやることが多いですが、1ヵ月以内に贈ることが基本。
出産をしたときに職場の人たちからお祝いを貰った場合、赤ちゃんの名前や無事に出産できた公の報告と感謝の気持ちを込めて贈るギフトが「内祝い」です。

職場に出産内祝いを贈るときのポイントは?


では、職場に出産内祝いを贈るときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?意外と知らない内祝いのマナー。上司から「マナーがなっていない」と意図せず思われてしまうのも困りますよね。
そこでここからは、職場に内祝いを贈るときのポイントをいくつかご紹介します。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

お菓子や体験型ギフトなど「消えもの」が一般的

内祝いを贈るときに最も悩むのが、どのようなギフトを贈るべきかということ。とくに「職場には、どのようなものを贈れば差し当たりないのだろう」と悩む人が多いのではないでしょうか。
職場では「お菓子」や「体験ギフト」など、手元に残らない消えものを贈ることが一般的です。感謝の気持ちを込めて贈り、さまざまな体型で楽しんでもらったりおいしいと味わってもらえたりすればそれでOK!
カップやお皿、写真立てなどのインテリアを検討する人もいますが、好みに合わないと使ってもらえません。職場の人となると好みが分からない場合が多いので、万人受けする「お菓子」や「体験ギフト」がベストなのです。
また、職場に内祝いを贈るときに気をつけたいのが「名前入りアイテムなどは避ける」こと。身内なら喜ばれますが職場では「扱いに困る」「取っておいても仕方ない」と思われることも。
感謝の気持ちを伝えるギフトなので、相手に喜ばれる差し当たりのない商品を送りましょう。

お祝いの1/3~1/2の金額で考える

出産内祝いではもらった品物よりも高価な商品を贈るのは、マナー違反となります。どれだけ高価なものをもらったとしても同額のもの、それ以上の金額のものを贈ると失礼にあたります。
反対に、もらった商品に対して安すぎる内祝いを贈ることも好ましくありません。お祝いでもらった商品の1/3~1/2の金額で購入できるアイテムから選びましょう。お菓子や体験ギフトなら金額層が幅広いので、比較的選びやすいところも嬉しいポイントです。

まとめてお祝いをもらった場合はまとめて返してもOK

職場の場合は部署や社内全で少しずつお金を出し合い、1つの出産祝いを購入するというケースも多いと思います。
このような出産祝いをもらった場合は、内祝いも1つで構いません。お金を出してもらった部署内で分け合って味わえるお菓子やコーヒー、紅茶などが好ましいでしょう。
全員で楽しめるもの、一人一人の手に渡るものを選べば、まとめて返しても失礼にはなりませんよ。

出産内祝いのマナーをチェック


ここからは、実際に出産内祝いを購入し渡すときのマナーをご紹介します。このマナーが守れていないと「常識がない」と取られてしまう場合も。出産内祝いを選ぶときや準備するときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

出産の内祝いで贈ってはいけないものは?

先ほどは、出産内祝いに向いている商品をご紹介しましたが「贈ってはいけない商品」も存在します。
まずは、上司や目上の人には「肌着」を贈るのはマナー違反。「着るものに困っている」と意味合いになり、失礼にあたります。同じく「お金」や「金券」も避けたいところ。贈るものに困ったからといって金券を渡すと「お金に困っている」という意味合いで捉えられてしまうことも。
また、出産内祝いなどのめでたいお祝いごとでは「緑茶」のギフトは贈ってはいけません。緑茶は仏事に使用するため、飲み物を贈るときにはコーヒーや紅茶をセレクトしましょう。
他にも、出産内祝いでは「靴」や「靴下」などの履き物も避けたいところ。履き物には「踏みつける」という意味があり、基本的にお祝いごとには贈らないほうが無難です。このように、出産内祝いには好ましくない商品もあるので、事前に頭に入れておくとマナー違反の贈り物を贈らなくて済みます。

のしや表書きのマナーは?

意外と知らないのが、出産内祝いでの「のし」や「表書き」のマナーです。ギフト店や百貨店で購入する場合は、スタッフに確認をして正しい方法でラッピングしてもらうようにしましょう。
出産内祝いで確認したいポイントは、次の3つ。
・お祝いごとだと分かるように「右上」にのし紙をつける
・「内祝」か「出産内祝」と表記する
・水引の下に赤ちゃんの名前を書く

このポイントさえ抑えておけば、失礼のない出産内祝いを渡すことができます。

職場での内祝いにおすすめのギフト7選


ここからは、職場で渡す出産内祝いにおすすめのギフトを厳選してご紹介します。どのような商品を贈るべきか迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

総合版体験ギフトチケット 3,000円分


「非日常の思い出を贈ろう」をコンセプトとした家族の絆を深められる体験ギフトです。休日には心身ともにリフレッシュをし、家族で過ごすひと時を楽しんで欲しい、という思いを込めて贈れます。ちょっとしたお出かけのきっかけ作りにもなり、思い出作りをサポートできるギフトとなっています。
全国各地のインドア体験を中心に「体験してみたい」さまざまなアクティビティから選ぶことができるところが特徴。あまり相手のことを知らなくても自由にセレクトしてもらえるので、気兼ねなく贈れます。
また、3,000円というライトな料金も、出産内祝いとして贈りやすいポイント。マナーを守って贈ることができ、満足度も高いの内祝いです。

焼き菓子の詰め合わせ


クッキーやマドレーヌなどの人気ブランドの「焼き菓子の詰め合わせ」は、年齢や性別に左右されることなく喜ばれるギフトです。幅広い年齢層が働く職場や、男性女性共に働く職場におすすめ。価格に合わせて個数やギフト内容を調整できるので、部署ごとにまとめて出産内祝いを用意したいという場合も向いています。
また、賞味期限が比較的長くそれぞれのタイミングで味わえるところも嬉しいポイント。もらってから「急いで食べないと!」とせかされることもありません。
さらに、バリエーションが豊富なので、料金設定や好みの焼き菓子など重視したいポイントに合わせて用意しやすいところも魅力的です。

銘酒や高級ジュース


贈り物として嬉しいものの一つに、自分ではなかなか購入する機会がないものが挙げられます。その点で「銘酒」や「高級ジュース」は、飲んでみたいけれどなかなか購入する機会がない商品なので、とても喜んでもらえます。
お酒が好きな上司や同僚が多い場合は、有名なワインや日本酒がおすすめ。銘酒なら味もお墨付きなので、気兼ねなく贈れるところがポイント。ボトルサイズによって幅広い料金の商品があるので、比較的選びやすくなっています。
また、お酒が苦手という場合には、国産素材にこだわった高級ジュースを選んでみてはいかがでしょうか。上質なフルーツや野菜から作られたジュースは健康志向が強い人にも喜ばれます。

FLOWER 3,980円


女性が多い職場では「FLOWER体験ギフト」がおすすめです。日常を彩るフラワーアレンジメントやハーバリウムなどオシャレなアイテムを自分で製作できる体験ギフトとなっています。「挑戦してみたいけどなかなか機会がない」という女性も多いはずなので、喜ばれるギフトです。
また、キャンドル作りやリース製作、ハーバリウム製作など、好みのアイテムから選択できるところも特徴。自分で作ったお気に入りのアイテムなら、インテリアとしても長い間重宝します。仕事の疲れを体験ギフトで癒して欲しい!そんな気持ちを込めて贈りたい、人気のギフトです。

コーヒーや紅茶のギフト


幅広い世代に好まれる「コーヒー」や「紅茶」のギフトは、職場の内祝いとしておすすめです。ティーパックなど1杯ずつ作って飲める商品を選べば、職場でも味わってもらえます。コーヒーや紅茶も賞味期限が長いので、自分のペースで楽しんでもらえるところも嬉しいポイント。
また、有名ブランドのコーヒーや紅茶は、なかなか購入する機会が少ないもの。風味や素材にこだわったおいしい1杯は、リラックスタイムを彩ります。自宅に持って帰っても家族で楽しんでもらえるので、邪魔になりません。
最近では、コーヒーや紅茶と焼き菓子を組み合わせたギフトも多く登場しており、予算に合わせてさまざまな組み合わせで贈れますよ。

HANDMADE -Smile-  5,500円


クリエイティブな職種の内祝いにおすすめの体験ギフトがこちらです。
「ものづくり」に特化した体験がギュッと詰まっているところが特徴。陶芸やレザークラフト、シルバーアクセサリー製作など、一度は自分でやってみたい楽しい体験から好みの体験が選択できます。
全国各地の体験施設を網羅しているので、旅行と一緒に体験を楽しむことも可能です。クリエイティブな人やアクティブな人なら、きっと喜んでくれるはず。思い出に残るひと時を贈れるギフトです。

ブランドお米のギフト


ここ最近、出産祝いとして赤ちゃんと同じ体重のお米を贈る人が増えています。「食べ物を贈るのは失礼」という風潮も和らいで、オシャレにラッピングされた日本各地のブランドお米を食べ比べできる内祝いが人気を集めています。
重いお米をそのままもらっても困りますが、少しずつラッピングされていれば持ち歩きにも困りません。また、意外と日本各地のブランド米を味わう機会がないので、「珍しい贈り物をもらった」と喜んでもらえます。

まとめ:マナーに合った職場での出産内祝いを用意しよう


今回は、職場で出産内祝いを用意するときのマナーやポイント、おすすめの出産内祝いをまとめてご紹介しました。
出産祝いのお返しとして感謝の気持ちを込めて贈りたい、出産祝い。マナーを守って用意することで、喜ばれるギフトになります。
自分のペースで楽しめる焼き菓子やコーヒー、紅茶だけでなく、楽しいひと時をプレゼントできる体験ギフトもおすすめ。ぜひ参考にしながら、出産祝いを選んでみてくださいね。

-内祝い, 出産, 出産内祝い