【結婚内祝い】友達への結婚祝いのお返し品はどんな品物がおすすめ?

投稿日:

友達への結婚祝いのお返し品でオススメの品物をご紹介します。友達同士だから別にいらないんじゃ?と考えられている方もいるようですが、お返し品は基本的に結婚祝いをいただいた全ての方に送るのが常識です。マナーを守ってあなたの結婚生活のスタートを美しく切りましょう!素敵なお返し品はもらった友達も思い出に残ります。

結婚祝いで友達にお返しをするときに押さえておきたいポイントは?

結婚祝いのお返しというのはいわゆる縁起物という側面を持っているため、単なるプレゼントよりも配慮が必要になります。

結婚する2人が若く都市部出身で、友達も若ければ正直どのようなお返し品でも喜ばれることが多いです。地方や年齢層が高い場合は慣習や他の人との差が噂話の対象になることもあるので「あの夫婦は常識がない」「あそこの結婚祝いのお返し品はショボかった」というように陰口を叩かれたり評価が下げられたりする可能性があります。

結婚祝いのお返し品は目新しさや個性はそれほどいらないでしょう。「縁起物」で「しきたり」なのですから自分たちが恥をかかず誰も不愉快にならないことが最も大切なのです。

個別性を出したいのであれば体験ギフトやカタログギフトのように送られた側が自分で選べるものにするのが良いでしょう。

友達へのお返し品に好まれやすいものとは?


とはいえ、「友達に送るお返し品くらいはそんなドライなことを言わずに普通に喜ばれるものがいい」という方も多いでしょう。

その場合、友達の好みや必要なものを把握しているのであれば、そのジャンルの商品をお返し品とするのがいいです。はっきり把握できていない場合はカタログギフトや体験ギフトのような選べるものの方が喜ばれるかもしれません。

気持ちを伝えたいのであれば手書きのレターを入れる、もしくは直接会う機会をつくる等の方法もあります。

友達へのお返し品はいつ送る?


友達へのお返し品は結婚後1ヶ月以内が目安です。結婚の前に内祝いとしてご祝儀を送ってくれる友人の場合は結婚前にお返しをしてもいいでしょう。しかし、結婚式を行う場合、結婚の前は大変なこともあるでしょうから、お礼だけ先にしてお返し品を送るタイミングは式後でも失礼にはなりません。

ただ、結婚式後1ヶ月ギリギリというのは好ましくありません。基本的には結婚式が終わったらお返し品が届くのは早いに越したことはないので、忙しくとも手抜かりがないように気をつけましょう。

友達へのお返し品の予算相場は?


結婚祝いの1/2〜1/3がお返し品の相場です。友人の場合1万円〜3万円が結婚祝いの金額として多いでしょうから5,000円〜10,000円程度の間を意識すればいいでしょう。自分も友人も20代後半くらいであれば1万円を目安にすれば問題ないはずです。年齢が30代、40代と上がるとお返し品の相場も上がりますが、2万円くらいまでがマックスでしょう。

お祝いに対して同額程度までお返し品のグレードを上げてしまうと「お祝いを返されてしまった」ということで失礼にあたりますので、1/2の限度内で良いものを送るようにしましょう。

ただし、例えば結婚式でのご祝儀とは別にもらった内祝いの金額が高額だった場合は、他の人との差別化をはかったほうがお互いに気分がいいでしょう。

その場合は内祝いの半分くらいの額の品物を別で用意する必要があります。もし可能なら直接手渡しをしましょう。それで、あなただけの特別なお礼であるという気持ちが伝わり安くなります。

もしそういう雰囲気を嫌がる相手であれば、新婚旅行のお土産にちょっといものを買ってきてあげるという手もあります。相手に感謝の気持ちが伝わるように工夫をすることが大切なのです。

友達に結婚祝いのお返し品でおすすめの品物5選

体験ギフトでパラグライダー体験をプレゼント

「思い出に残る体験をしてもらいたい…普通のレストランやリゾートだけじゃない選択肢がないかなあ…」という場合に体験ギフトで特別な体験をプレゼントすることができます。パラグライダー体験をプレゼントして結婚祝いのお返しに空を飛んでもらうというのは粋です。

高級食材、洋菓子

高級肉、ハムや洋菓子の詰め合わせも人気があります。ただ、高齢だったり地方の因習が残っていたりするようなエリアにお住いの場合「結婚祝いのお返しに消え物を送ってきた」と言われ非常識扱いされることがないともいえません。いまどき少ないとは思いますが、相手によっては注意が必要です。

お返し品の予算が5000円以上になる場合、食品系だとかなり豪華なお返しが可能になるのは魅力です。肉や初回類などは名産品をボリュームたっぷりで送ることができますし、ハムや瓶詰めなどでも普段自費では絶対に購入することがない商品をチョイスすることができます。

実際アンケートでも結婚式のお返し品としてもらう側が嬉しい物品には、食品がランクインします。特にお菓子の場合、高いものだと1万円程度するものまで選ぶことができるので、選択の幅も広いです。その金額のお菓子を普段食べることは滅多にないはずなので、プレミア感も伝わるでしょう。

タオル類

今治産などの高級タオルも結婚祝いのお返し品としては人気です。女性には高級で肌触りの良いタオルは喜ばれるでしょう。ただし、正直男性にとってはお返し品がタオル類だと「ハズレ」と思う人の方が多いでしょう。実際お返し品でもらったタオルが、封を開けられないまま数十年物置にしまってあるような家庭は多いようです。

同じ布製品でもハンドタオルやバスタオルより、タオルケットやバスマット、シーツのような製品の方が使ってもらえる可能性は高いかもしれません。普段使うイメージが湧くものを送る必要があります。

食器、ペアグラス類

結婚祝いのお返し品で人気の食器、ペアグラス類ですが、残念ながらこれも物置行きの可能性が比較的高いアイテムです。例えばこれが同じペアグラスでも、バカラのような高級ブランド品にすると30年後に物置から出てきたときにリサイクルショップで高額買取!なんて可能性があります。しかしお返し品に使われるようなブランドの食器類、グラス類は流通しすぎているため、中古市場でまともな値がつくことはありません。

もちろん普通の人はもらった時点では売却することなど考えませんが、食器類は物置行きになるパターンが多いため結果的にそうなってしまうのです。せっかくもらったものだから捨てるわけにもいかず、かといって売ることもできずということで結局はまた物置に戻されることになります。

そのため、機械的に、良いものだからとそれっぽい食器やグラスをチョイスするのではなく、送られる側が日常的に使いそうなものをチョイスする方がいいでしょう。お酒を普段飲まない夫婦にペアグラスを送ってもしょうがありませんし、独身で外食が多い人に高級皿を送っても使われることはないでしょう。食器を送るのであれば普段のその人の生活を想像して選ぶようにして下さい。

カタログギフト

正直友人同士でもモノを送るなら最も無難な選択、それがカタログギフトでしょう。食品から家電、服飾品、日用品まで予算に応じてどんなジャンルの商品でも贈られた人の任意で選ぶことができ、カタログギフト自体も価格によって掲載されている商品のグレードが違いますので、便利です。

「友達に対してなんだか手を抜いているようで嫌だ」という方もいるかもしれませんが、贈られる側の好みを完全に把握しているわけでもなければ、カタログギフトのように選べた方が贈られた方からしてもありがたいのです。

友達に結婚祝いのお返し品で送りたい体験ギフト


結婚祝いのお返しで体験ギフトを贈る方が増えています。なぜ今体験ギフトが人気なのか、どのような「体験」を送ることができるのかご紹介します。

体験ギフトとは?


体験ギフトは観光地でのアクティビティや、ボルダリングや釣り、陶芸などの体験をプレゼントできるギフトです。ペア向けや子連れ向けなどかなり幅広い層に対応でき、ギフトの予算に応じてもグレードが変わります。

モノより思い出というキャッチコピーで有名なのは日産セレナのCMですが、体験ギフトにも同じことが言えます。結婚の祝いのお返し品で一生忘れられない思い出を作ってもらう、贈る方にとっても贈られる方にとっても素敵!ということで今非常に人気があります。

友達におすすめの体験は?

友達にオススメの体験ギフトは結婚相手、恋人がいるか、子供がいるかなどによっても変わります。友達の属性を見極め最適なカタログギフトを選びましょう。体験ギフトは体験する内容を送る側が指定するタイプのものと、カタログギフトのように選べるタイプのものがあります。

野外体験系

乗馬、パラグライダー、カヤック、ダイビング、サーフィンなど…自然の中でアクティビティを体験できるギフトです。インストラクターがついてレッスンしてくれるタイプの内容が多くカップルでの思い出作りにも適しています。

ナイトクルージング

ナイトクルージングでちょっと非日常なデートを楽しむというのもとっておきの体験です。流行りの迫力満点な工場夜景など、非日常な体験がたくさんあります。

ものづくり体験

陶芸や革製品のような工芸ものづくり体験はもちろん、バリスタ体験、スタイリスト体験など様々な体験ギフトがあります。これまで興味あったけどできなかったことを始めるのにいいでしょう。

まとめ:友達への結婚祝いのお返し品は体験ギフトがオススメ


友達だからこそお返し品はしっかり考えて贈りたい、よくある定番商品を送るのはイヤという方も多いでしょう。とはいえ、友達個人にあった最適な商品を送るというのはリサーチするのも、友達別に準備していくのも大変です。結婚式を行う場合、前後は非常に忙しく、お返し品を細かく選んでいるどころではない可能性があります。

よくあるカタログギフトだと微妙だという場合には、体験ギフトという選択があります。結婚という人生において特別な場面をお祝いしてくれた友達には、特別な体験でお返しするというのは素敵です。

-お返し, 内祝い, 友人, 結婚, 結婚内祝い, 結婚祝い