【開店・開業祝い】定番からNGまで、マナーのある贈り方と実用的なプレゼント

更新日:

飲食店などの開店祝いに何を贈りますか?お花や現金、商品券などの定番から実用的なモノやちょっと変わった喜ばれるものまで紹介します。また、実は贈っては失礼に当たるNGなモノもあります。しっかりマナーを把握して喜ばれる贈り物にしましょう。

開店・開業祝いとは?

飲食店や小物を扱う雑貨店など、新しく開いたお店に対して贈り物をするのが「開店祝い」です。近所に新しくできた飲食店などで、大きな花が飾られているのをご覧になったことのある人も多いかと思います。

なんとなく見ていたこの祝いですが、いざ自分の友人・知人がお店を回転するとなったらせっかくだから贈りたいもの。頑張ってほしい思いを込めて贈り物をするためにも、喜んでもらうのはもちろんのこと失礼のないように贈りましょう。

開店・開業祝いを渡すタイミング

開店祝いは「開店まで」に贈ることが重要です。遅くとも1週間前くらいには贈れるように、開店の知らせを受け取ったらなるべくすぐにお送りするようにしましょう。前日などであると開店準備でバタバタしているかもしれませんので、なるべく避けるようにしましょう。

もし贈るタイミングを逃して、開店に間に合わなかった場合は、お祝いを直送するのではなく、せっかくなのでお店に足を運んでお客様の1人となりつつお祝いを持参するようにするとよいでしょう。

開店・開業祝いの相場

開店祝いの相場は関係性によって異なってきます。
仕事関係などの場合から、親しい友人・知人、家族の場合などに分けてご紹介します。

友人や知人の場合

友人や知人の場合は関係性にもよりますが、5,000円〜10,000円ぐらいが妥当だと思われます。

家族の場合

自分の子供であるか、親であるか、兄妹であるかでも異なってきますが、家族のお祝いならば少し多めに奮発して20,000円〜30,000円くらいがよいでしょう。

取引先など仕事関係の場合

こちらも関係性によりますが10,000円〜30,000円くらいが妥当なラインかと思われます。

開店・開業祝いのマナー・のし

開店・開業祝いに現金を贈る場合は紅白の花結、もしくはあわじ結びの水引を使いましょう。品物を贈る場合は紅白7本の蝶結びが良いでしょう。

のしの記載例


【表書き】御祝、御開店祝、御開業祝
【水引】紅白・7本・蝶結び

開店・開業祝いの贈り物定番

開店・開業祝いの定番はなんでしょうか。絶対に間違いない贈り物、確実に喜ばれるような贈り物の例をご紹介します。

開店・開業祝いの定番といえばやはりお花。華やかでお祝いにはぴったりな贈り物です。そんなお花ですが大きく分けて開店祝いの場合は3つのパターンがあります。

スタンド花

特にご覧になったことがあるのはこちらではないでしょうか。テレビやコンサートなどでもよく見かける、お店の入り口などの店外に設置するタイプの花です。華やかさが有り、路面店であればお客様の目に入るので開店したことがひと目で分かる宣伝効果もあります。

胡蝶蘭などの鉢植え

鉢植えの中でも人気なのはやはり胡蝶蘭。室内におけるのでインテリアとしての役割もはたせます。社長就任のお祝いなどですと会社のエントランスなどでよく見かけるかもしれません。
スタンド花も胡蝶蘭もどちらも大型のお花ですので、自分自身が持っていくということはありませんのでお花屋さんに手配してもらいます。
当日に購入するというよりは予め計画して注文していくことが望ましいでしょう。

花束

お祝いといえば「花束」ももちろん素敵です。
個人の小さなお店や、実際に来店してお渡ししたいならば「花束」がよいでしょう。
この後のNGな贈り物でも紹介がありますが「赤」の花は火事や赤字を連想させるので、
避けたほうが良いでしょう。

現金・商品券

現金や商品券なども贈り物の定番とされています。しかし、そこまで相場が高くありません。ですので、現金・商品券であると額面がそこまで大きくないので、さみしい感じもしてしまいます。できれば相手のことを考えてお花や喜ばれるプレゼントなどのほうが素敵です。

カタログギフト

贈る相手が自分でチョイスすることができるカタログギフト。カタログギフトであれば好み出ないなど外すことが少ないので、安心して贈ることができます。

定番以外の人気の贈り物

オフィスカタログギフト

開店時はバタバタしていますが、後にいろいろと備品が必要となってきたりします。そんなときに役立つのはオフィス用品のカタログギフト。カタログギフトの中でも少し特化したものになります。必要な備品を多くのラインナップから選ぶことができるので、必ず役に立つものを贈ることができます。

お酒

お祝いの定番「お酒」も開店祝いにぴったりです。オープン後にの開店祝いの打ち上げなどがあれば、その場でお祝い酒として飲めるので、非常に喜ばれます。開店当初はお店内にも飾っておけるので、開店時のインテリアとしても飾れます。

お菓子

お酒同様お菓子などももちろん喜ばれます。お菓子は直送してしまうと言うよりは、せっかくなのでお店に足を運んで持っていきましょう。お菓子ももちろん嬉しいですが、来店してもらったほうが開店した方も嬉しいはずです。

加湿器や空気清浄機

個人で開店したお店ならば、電化製品などもよろこばれます。特にお店内で利用できる空気清浄機や、冬の時期であれば加湿器など実用的に使えるプレゼントです。

観葉植物

お花を贈るのは華やかで素敵ですが、同じ植物でも観葉植物を贈るのも素敵です。店内のインテリアとして末永く使ってもらうことができます。

体験ギフト

お店を持つとなると土日も関係なく忙しくなる場合も…。そんな忙しい方にちょっとでも癒やしの時間を贈りませんか?
体験ギフトはさまざまなアクティビティが楽しめるギフトです。
インターネットから自分のやってみたいアクティビティを選択して、おでかけや旅行の際に普段はなかなかしない非日常な体験をすることができます。

休みの日にリフレッシュするならアウトドア体験。普段の忙しさから開放されて、思いっきりはしゃげる思い出を作れます。例えばパラグライダー体験で大空に羽ばたく開放感はストレスを忘れされてくれます。


お店に活用できるインテリアをオリジナルで作っていみるのも良いかもしれません。陶芸やガラス作りなど世界で一つだけの自分オリジナル作品が作れます。


開店祝いといえばお花。そんなお花を体験できるプレゼントも素敵です。今話題のハーバリウムや、フラワーアレンジメントなどの作品作りを友人・知人と楽しむ時間はストレスから開放される瞬間。素敵な思い出にもなります。

開店・開業祝いにNGなプレゼント

実は開店祝いにも避けたほうがよいプレゼントがあります。あらかじめに把握しておいて失礼の内容にしましょう。

火を連想させるもの

火をに関連するモノは火事や赤字を連想されるため、縁起が良くないと言われています。モノで言うとライター、灰皿、ロウソクやキャンドル、ストーブなどが該当します。

また、花の色としても「赤」のお花は避けた方がよいでしょう。

下半身に身につけるもの

靴下やスリッパ、マットなど踏みつけることに繋がるようなものは避けたほうが良いでしょう。また、下着などもNGと言われています。

語呂の悪いもの

「くし」は数字の語呂として九四になることから、縁起が良くないとされています。また、ハンカチは漢字で書くと「手巾(てぎれ)」になります。手切れから縁を切ることにつながり、贈り物としてはよくありません。

開店祝いのメッセージ文例

開店祝いに贈るメッセージの文例です。贈り物だけでなく、せっかくなら一言添えてプレゼントするのが素敵です。
仕事関係の相手から、友人知人などの少し砕けたメッセージ例もご紹介します。

取引先などに向けた文例

ご開店誠におめでとうございます。
千客万来、商売繁盛を心からお祈り申し上げます。
これからも◯◯様のお力になれるよう、
微力ではございますが努力してまいりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

親しい友人・知人に向けた文例

開店おめでとう!
ついに念願の夢が叶いましたね。
今までの努力の積み重ねで今があると思うけど、
これから更に頑張って素敵なお店を作り上げていってください。
近いうちに、◯◯と一緒にお邪魔するね。

ライトにメッセージを添える文例

ご開店おめでとうございます。
とても素敵なお店ですね。
これからも益々のご発展をお祈りさせていただきます。

さいごに

開店となると企業にとっても個人にとっても新たなチャレンジであることは代わりありません。特に個人で独立された方は人生をかけた一世一代のチャレンジかもしれません。
そんなチャレンジをしっかり後押しするために、心を込めた応援として喜ばれるプレゼントを是非考えてみてください。

-開業・開店祝い